歯科治療のコンセプト|広島ナタリーデンタルクリニック

  • 当院へのアクセス
  • 0829-20-3363

当院の治療方針

治療方針

治療方針

「虫歯の痛みをどうにかしてほしい」「歯を白くしたい」「インプラントを他院で断られた」など、当院にはさまざまな患者様が来院しますし、要望もそれぞれ違っています。多くの患者様の要望に応え、咀嚼機能の回復や口元の美しさ、さらには全身の健康増進を目指しています。

「歯科診療」と一言で言っても、多くの治療があり、それぞれに専門性が必要であると考えます。当院は、多くの診療科のある「歯科の総合病院」です。各診療科に、専門に学んだプロフェッショナルが在籍し、保険診療・保険外診療問わず、ハイレベルな医療を提供しています。

「歯医者は痛い時に行く」という従来の認識から、「病気を防ぐために行く」「歯をキレイにするために行く」という認識に変わってきています。
自分では磨けない箇所のクリーニングや虫歯ができていないかのチェックなど、3~4ヵ月に一度、美容室に行くような感覚で来院する方も増えています。痛くない時に、「どんな治療をするのだろうか…」とドキドキすることなく、楽な気持ちで来院してもらえたらと思います。また、それが歯を守ることにつながります。

ナタリーデンタルクリニックの治療方針

  1. 患者様の要望を尊重して治療を進めます
  2. なるべく痛くない治療をモットーとしています
  3. なるべく歯を抜かず、神経を取らない
  4. よく話を聞き、よく説明させていただく
  5. 院内感染対策の徹底─コップ、器具を乗せるトレイ、注射器、エプロンなどは使い捨てを使用

診療前に医療行為を説明し了解をとったのち、診療に入らせていただきますので、希望しない場合はお申し出下さい。
また、診療後は今回と次回の診療内容を説明します。もし説明がなければ、お気軽に歯科医師、スタッフまでお聞き下さい。
一番大事な事は、患者さまが笑顔でお帰りになる事です!

院長あいさつ

敬愛なる廿日市市民の方々へ

ナタリーデンタルクリニック医院長、金田 竜典

当医院は、廿日市で平成11年に開業し、皆様のおかげで現在に至っております。
私たちが出来得ることは、地元、広島県廿日市市で衣・食・住をし、世界遺産宮島のあるこの廿日市市に愛着を感じることだと思います。また、ポルトガルDr.マロでの研修、ニューヨーク大学のインプラント科で学んだ世界標準で最先端のインプラント治療を廿日市の人々に提供していくことだと考えています。

もともと当医院は、保険・高額医療を問わず「良質で噛める入れ歯作りを行う診療所」という概念で開設しました。よって、入れ歯に対する思い入れは、特に深いものがあります。

また、歯科は痛い思いをするところ、という多くの人が持つイメージを覆せるよう「痛くない」「不安を取り除く」ため様々な工夫をスタッフ一同心がけています。

患者さまは、最高の医療を受ける権利があります。
よって、当医院では、最先端の医療技術を研修して皆様に提供させていただくこと、院内感染ゼロを目指すこと、様々な病気に対し、対応する診療科目にて、大学病院で一定期間研修を積んだ専門医が診療させて頂けるようにしています。

医院長、金田 竜典からひとこと

広島は、中国地方の中核都市でありながら、東京・大阪に比べインプラントの普及が、まだまだ、進んでいない状況です。もちろん他の山口・島根・岡山・鳥取を含めた中国五県も普及率は低く、今後多くの歯を喪失された方の咀嚼機能の回復を目指し、より良い治療方法を研究していきたいと思っています。

また、私は、岩手医科大学の大学院で、入れ歯の専門で難症例の患者様の哺綴の研究をしてまいりましたが、1999年に、広島県廿日市市の阿品にフジグランナタリーの開店にあわせ、ナタリーデンタルクリニックを開院しました。その後、専門の入れ歯・一般診療を中心に地域の医療に携わってきました。まだ、その頃は、インプラントの成功率も低く、完成度の低いものでしたが、現在、研究も進み術式の進歩もあり完成度の高い治療となってきました。私も患者様にインプラント治療を進めるにあたり、経験が必要だということで、私自身健康な歯を抜き、まず半年間入れ歯を経験しました。正直なところ、入れ歯のときは、口の中に違和感はあるし、食べ物によって食べにくいものもあり、入れ歯と歯茎の間に食べかすが入って痛い思いをしました。その後、インプラントの手術を行ったのですが、感想は、歯を抜くときよりも痛みも腫れも少なかったし(個人差があります)、静脈内鎮静法という麻酔方法で眠っている感じのうちに手術も終わり、健康な歯を抜くほうがよほど辛かったです。今では、硬い食べ物ほどインプラントの歯で噛むようになりました。

私は、ニューヨーク大学の卒後研修に参加し、アメリカの最先端医療を見聞してきましたが、今、アメリカでは、私が専門としていた入れ歯の研究コースがなくなっています。もちろん、入れ歯が必要なくなったわけではないのですが、代わりにインプラントを中心とした代替歯の研究のほうが盛んに行われる様になっています。

インプラント治療は、最新の治療法ではありますが、40年もの歴史があり、多くの臨床実績もあります。そして、日々進歩している治療法です。
インプラントと入れ歯の両方を体験している私だから、伝えられることもあると思っています。また、噛めることの素晴らしさを、多くの方に知ってもらいたく、日々学び、安全で安心して受けていただけるインプラント治療を目指しています。

インプラントを見る

インプラントセーフティーマーク(ISM)認定取得

インプラントセーフティーマーク(ISM)認定証

インプラント治療の安全性や感染対策、マネージメント、治療技術などを、第三者が一定の基準で審査し、総合的に評価します。インプラントセーフティーマークを取得しているということは、安全・安心のインプラント治療のための一定基準をクリアしていることの証明なのです。

広島県廿日市 ナタリーデンタルクリニック
診療時間(受付)
 9:00~12:30
15:00~18:30
14:00~18:00

※診療締切時間の30分前が受付締切時間となります

休診日 火曜・日曜・祝日 ※祝日のある週の火曜は通常診療

住所 広島県廿日市市阿品3丁目1-1 

TEL 0829-20-3363

お問い合わせフォーム
  • 診療案内
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • その他の診察
  • 費用について
医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。