特殊なインプラント治療骨造成

骨造成や骨再生
失った骨がよみがえる再生治療

骨造成や骨再生によって足りない骨を補うことで、骨の量が不足しているという方でもインプラント治療が可能になります。当院では患者様の骨の状態に応じ、人工骨や自家骨をもとに骨を作る骨造成や、骨組織の再生を促す骨再生を行っています。。

インプラント基礎知識
特殊なインプラント治療
インプラント費用

GBR法(骨再生誘導療法)

GBR法とは、骨が不足している部分に人工骨や自家骨を填入して、患部を特殊な膜(メンブレン)で覆うことで骨の再生を促す治療法です。
主に、次のような流れで治療を行います。

入れ歯の画像
  • 1インプラントを埋め入れます
  • 2骨の不足部分に自家骨や人工骨を補填します
  • 3メンブレンで覆って、歯肉をもとに戻して縫合します
  • 4骨の再生を待ちます
  • 5インプラントの骨結合を確認し、人工歯を装着します

上顎洞底挙上術

上顎の奥歯にインプラントを埋入する際、骨の厚みが足りない場合に行われるのが上顎洞底挙上術です。

鼻の横には上顎洞という空洞があることから、インプラントの長さに対して骨の厚みが足りない場合、インプラントの先端が骨を突き抜けて、上顎洞を覆うシュナイダー膜を傷つけてしまう可能性があります。そのため、骨に十分な厚みがないと判断された場合、骨造成によって上顎洞の底の部分を押し上げる上顎洞底挙上術を行います。

入れ歯の画像

上顎洞底挙上術にはサイナスリフトのほか、部分的に骨造成を行うソケットリフトの2つの方法があります。

サイナスリフト

サイナスリフトとは上顎洞側から人工骨や自家骨を填入する方法で、骨造成が広範囲に渡る場合に用いられます。主な治療の流れは次の通りです。

インプラントの画像
  • 1あらかじめインプラントを埋め入れます
  • 2上顎洞にあたる部分の歯肉を切開します
  • 3ドリルで骨を削って穴を開けます
  • 4骨とシュナイダー膜の間に人工骨や自家骨を填入します
  • 5切開した歯肉を縫合し、骨の再生を待ちます
  • 6インプラントの骨結合を確認し、人工歯を装着します

ソケットリフト

ソケットリフトとは、インプラントを埋め入れる穴から人工骨や自家骨を填入する方法で、部分的に骨造成を行う場合に用いられます。主な治療の流れは次の通りです。

インプラントの画像
  • 1インプラントを埋入する部分の歯肉を切開します
  • 2ドリルでインプラントを埋入する穴を開けます
  • 3人工骨や自家骨を填入してシュナイダー膜を押し上げます
  • 4インプラントを埋め入れます
  • 5切開した歯肉を縫合し、骨の再生を待ちます
  • 6インプラントの骨結合を確認し、人工歯を装着します

エムドゲイン®ゲルによる歯周組織再生

エムドゲイン®ゲルとは、スウェーデンのビオラ社で開発されたブタ歯胚組織から作られた歯周組織再生用材料です。骨の欠損部分の塗布することで、歯が生える際に必要とされるタンパク質の働きにより、セメント質や歯根膜、歯槽骨などの歯周組織の再生が促されます。

エムドゲイン®ゲルは、インプラント治療のための骨再生のほか、歯周組織の破壊が進んだ歯周病治療にも用いられています。

処置のイメージ

PRP(多血小板血漿)を使った
歯周組織再生法

PRPとは濃縮された血小板を含む血漿のことで、血小板には成長因子が多く含まれることから、骨や歯周組織の再生に用いられています。PRPは、患者様ご自身の血液を遠心分離機にかけて取り出すため、アレルギーや拒絶反応などの心配もなく、安全性の高い治療法として知られています。

PRPは、ゲル化してそのまま使用するほか、GBR法の際に人工骨に混ぜ合せることで、術後の痛みや腫れの軽減につながります。

多血小板血漿