インプラント死亡症例とトラブルを未然に防ぐ当院の取り組み

  • 当院へのアクセス
  • 0829-20-3363

インプラント死亡症例とトラブルを未然に防ぐ当院の取り組み

インプラントの死亡事故から学ぶ安全性の高い治療とは

インプラント治療は、歯科治療の選択肢として当たり前になりつつありますが、まだまだ手術に対する不信感をお持ちの方は多いようです。そのような患者様を不安にさせる理由の一つにあげられるのが、過去に起こった死亡事故をはじめとする、インプラントのトラブルなのではないでしょうか。

「手術による後遺症」「インプラントの脱落」「腫れや炎症が治まらない」などのトラブル事例が、過去に報告されました。当院ではこれらのようなトラブルを防止するために、さまざまな対策を行っております。その中でも、ここでは死亡事故と同じミスを起こさないために取り入れている、信頼性の高い治療法についてご紹介します。

インプラントの死亡事例とその原因

インプラント手術中の死亡事故が起きたのは2007年のことです。右下顎の第2小臼歯の歯根を取り除いた後、ドリルで下顎の骨にインプラントを埋め入れるための穴を開け、インプラントを埋め込んだ直後に治療中の女性に異常が起きたのです。

適度な力加減の歯磨き(上から)

この死亡事故の原因は、下顎の内側を通る「オトガイ下動脈」という血管を、ドリルで傷つけたことによる出血でした。舌の下にある口腔底の内部に血液が溜まって腫れ上がり、気道がふさがれたことで窒息して亡くなられたのです。担当医は、スウェーデンでインプラント治療を学んだ、経験豊富な歯科医師でした。

下顎骨の穴を開ける際に、手術を行った担当医がオトガイ下動脈に注意を払い、慎重にドリリングを行っていれば、十分に防ぐことができる事故だったといえます。

知っておくべきインプラントのリスク

インプラント手術におけるリスクは、インプラントを埋入する位置によって異なる場合があります。死亡事故の原因となった下顎の血管損傷のほかにも、上顎と下顎の特有のリスクがトラブルを引き起こしています。

上顎のインプラントのリスク

鼻の両脇には「上顎洞(じょうがくどう)」という空洞があるため、上顎洞の真下にあたる第1大臼歯や第2大臼歯は、他の部分ほど骨に厚みがありません。そのため、骨の厚さよりも長いインプラントを埋め込んでしまうと、インプラントの先端が上顎洞にはみ出してしまいます。

適度な力加減の歯磨き(上から)

インプラントは周囲の骨と結合することによって固定されるため、はみ出た状態が続くと結合が阻害されて不安定になり、最悪の場合、インプラントが骨を突き抜けて上顎洞に落ちてしまうのです。このようなトラブルを防ぐためには、十分な骨の厚みを確保するための骨造成や骨移植を行う必要があります。

下顎のインプラントのリスク

下顎には血管のほかに、下顎神経から枝分かれして骨の中を通過する「下歯槽神経」や、第2小臼歯のあたりで細かく枝分かれする「オトガイ神経」があるため、インプラントの手術の際に、それらの神経がドリルに巻き込まれてしまうと、術後に麻痺やしびれが残る場合があります。

下歯槽神経が麻痺すると、下顎の周囲や口の中の粘膜で感覚障害が起こるため、唇を動かせない、うまく水を飲めずにこぼしてしまう等の症状を引き起こします。また、オトガイ神経の麻痺により、局所的に下唇の半分やその周りで感覚障害が見られます。

インプラントの安全性を高める治療法

インプラント手術では人為的なミスをなくす以外、手術の失敗を未然に防ぐ方法はなりません。これまで起こったインプラントのトラブルを防ぐためには、歯科医師が正しい情報を元に正確な手術を行う必要があるのです。当院では、ここで紹介する2つの方法によって、安全なインプラントの治療を行っています。

1.歯科用CTスキャンによる神経や血管の確認

これまでの虫歯のような歯科治療では、レントゲン画像の診断で十分だと考えられてきました。ところが、骨だけでなく血管や神経への注意が必要なインプラント治療では、CT画像の診断が不可欠になりつつあります。そして、きちんとCT撮影を行っていれば、インプラントの死亡事故も防ぐことができたはずです。

CT撮影によって、これまで切開しなければ見られなかった歯根や骨の状態から、レントゲンでは正確な位置が分からなかった神経や血管の位置を、3D画像で見ることができます。CT画像から得られるさまざまな情報をもとに、より正確な治療計画を立てることで、安全なインプラント治療の実現が可能になりました。

2.正確な位置への埋入を実現するノーベルガイド

従来のインプラント手術では、インプラントの埋入位置や角度は、ほぼ医師の経験や勘をもとに決められていました。そのため、「ドリリングが深すぎる」「穴の位置のずれる」などのミスが生じることで、重大なトラブルを引き起こしていたのです。

当院で導入しているノーベルガイドは、歯科用CTで撮影した3D画像をもとにシミュレーションを行い、正確な位置へのインプラントの埋入を実現するシステムです。スウェーデンのインプラントメーカーにオーダーし、患者様ひとり一人に合った装具を製作するため、安全性の高い手術を行うことができます。

広島県廿日市 ナタリーデンタルクリニック
診療時間(受付)
 9:00~12:30
15:00~18:30
14:00~18:00

※診療締切時間の30分前が受付締切時間となります

休診日 火曜・日曜・祝日 ※祝日のある週の火曜は通常診療

住所 広島県廿日市市阿品3丁目1-1 

TEL 0829-20-3363

お問い合わせフォーム
  • 診療案内
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • その他の診察
  • 費用について
医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。