インプラントの寿命|広島ナタリーデンタルクリニック

  • 当院へのアクセス
  • 0829-20-3363

インプラントの寿命

インプラントは半永久!?平均寿命は何年!?

インプラント

インプラントの寿命はどのくらい?一度入れたら永久的に大丈夫なのか?気になる寿命について解説。ナタリーデンタルクリニック(広島)は術後の事も考え寿命を延ばす方法をお教え致します。

現在主流となっているチタン製のインプラントを用いて、初めて治療(臨床応用)が行われたのは1965年のことです。チタンが骨と結合する性質(オッセオインテグレーション)を発見した、ブローネマルク教授により行われました。初めてのチタン製インプラントの治療を受けた患者さんは、お亡くなりになるまでインプラントのトラブルなどなく、41年もの間使い続けていたということです。また、世界で高いシェアを持つインプラントメーカーの臨床データをみると、10年生存率は90%を超えています

インプラントの寿命には、メンテナンスやインプラントの素材、治療の質、患者様の年齢など…さまざまなことが影響していますが、10年以上は使い続けられるとされています。

インプラントには保証期間がありますのでご安心ください

インプラント(人工歯根)、人工歯(被せ物)ともに保証期間があります。インプラントや人工歯の破損は、保証期間内であれば、費用をかけずに直せます。(保証を受けるためには、定期的にメンテナンスを受ける必要があります。)

インプラントの寿命を伸ばすためのポイント

インプラントをダメにしてしまう主な原因に、次のようなものが挙げられます。インプラントを長く使っていくために、以下のことを行っていくことが必要でしょう。

十分にメンテナンスを行う

歯ブラシ

インプラントは、天然歯以上にメンテナンスが重要になります。メンテナンスが不十分になると、インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」に感染する可能性があるのです。インプラント周囲炎は、歯周病と同様、自覚する初期症状がありませんから進行させやすく、最悪はインプラントの脱落を招いてしまう恐ろしい病気です。

セルフメンテナンスはもちろん、定期的に歯科医院で専門的なメンテナンスを受けることが大切です。

歯科医院の衛生管理が不十分な場合にも感染することがあります

インプラント治療において、手術で使用する器具や環境が、衛生的であることは必須条件です。不衛生な環境での治療は、感染の原因になってしまうのです。多くの歯科医院でインプラント治療を行っていますが、まだ手術室を完備している医院は少ないのが実状です。設備や手術環境が治療を行うわけではありませんが、失敗を防ぐ重要なポイントだと言えます。

当院では、広島でもいち早くインプラント治療専用の手術室を完備しました。無菌の環境で治療を行い、使用する器具は、できる限り使い捨てのものにしています。インプラント成功のために、感染対策は万全です。

信頼のあるインプラント(メーカー)であるかを確認する

現在、インプラントメーカーはたくさんあります。長期の臨床実績を持つインプラントメーカーもあれば、十分なデータを持たないメーカーもあります。インプラント治療のための歯科選びで、どこのインプラントを使っているのかは重要なポイントです。自分の体内に埋め込まれるものですから、信頼できるメーカーの質の高いインプラントを選びたいですよね。

世界シェア1位のノーベルバイオケア社のインプラント

ノーベルバイオケア

当院では、ノーベルバイオケア社のインプラントを採用しています。ノーベルバイオケア社は、先に紹介しました最初に歯科治療に臨床応用した、ブローネマルク教授のインプラントを製品化した会社であり、長期の実績と信用、伝統のあるインプラントメーカーです。

10年間のメーカー保証がついているので、安心してお使いいただけると思います。

歯ぎしり・食いしばり対策を行う

インプラントに限らず、歯ぎしりや食いしばりなどがあると、歯に過度の負担をかけ、歯を傷める原因になります。天然歯には、歯にかかる力を調整するクッションのような役割を持つ歯根膜がありますが、インプラントは直接歯槽骨と結合していますから、食いしばりや歯ぎしりによる負担を、そのまま受けてしまいます。

歯ぎしりや食いしばりなどは、無意識のうちに行っていますから、自覚していない人もいるかもしれませんが、指摘されたことがある方は、インプラント治療の前に歯ぎしりや食いしばりの対策も必要でしょう。(マウスピースなどで改善可能です。一度ご相談ください。)

禁煙する

インプラント治療の前後には、禁煙が必要になります。喫煙は、インプラント周囲炎や歯周病のリスクを高くするのです。インプラントにも天然歯にも、タバコは悪影響しかありません。インプラント治療をお考えならば、喫煙や減煙に取り組む必要があるでしょう。

糖尿病などの全身疾患を改善する

糖尿病の人は歯周病リスクが高いですが、インプラント周囲炎のリスクも高いです。インプラント周囲炎を防ぐためのメンテナンスはもちろん、血糖値のコントロールも、インプラントを長持ちさせるために必要なことです。

広島県廿日市 ナタリーデンタルクリニック
診療時間(受付)
 9:00~12:30
15:00~18:30
14:00~18:00

※診療締切時間の30分前が受付締切時間となります

休診日 火曜・日曜・祝日 ※祝日のある週の火曜は通常診療

住所 広島県廿日市市阿品3丁目1-1 

TEL 0829-20-3363

お問い合わせフォーム
  • 診療案内
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • その他の診察
  • 費用について
医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。