静脈内鎮静法とインプラント|広島ナタリーデンタルクリニック

  • 当院へのアクセス
  • 0829-20-3363

静脈内鎮静法とインプラント

快適にインプラント手術できる静脈内鎮静法とは

インプラント治療を快適に受けるために必要な麻酔の知識。

インプラントと静脈内鎮静法

歯科医と患者歯がなくて困っているけれど、手術が怖くてなかなかインプラント治療を決断できないという方へ。静脈内鎮静法という良い麻酔方法があるのを知っていますか?静脈内鎮静法を用いると、不安や恐怖などストレスを感じずに快適にインプラント手術を受けることができます。歯科恐怖症や嘔吐反射、全身疾患のある方でも可能な場合もあります。持病をおもちでもインプラント治療を諦めず、当院に一度ご相談下さい。

不安や恐怖、緊張を感じなくなる麻酔方法

痛くないと感じている治療後の患者

脳神経に作用する向精神薬などの薬を経静脈的に点滴投与するのが、静脈内鎮静法です。この麻酔方法をインプラント手術で用いる場合、私たちのよく知る局所麻酔と組み合わせて行うのが通常です。

静脈内鎮静法は、全身麻酔のように完全無意識の状態にはなりません。お酒を飲んだ時のようなふわりとした感覚になりますが、意識は残っています(深いリラックス状態になるため、眠ってしまう方もいます)。意識が残っているなんて怖い、と思うかもしれません。しかし薬の効力で不安や恐怖、緊張といった感情は取り除かれますから、心配無用です。

局所麻酔の作用で、痛みを感じることはありません。しかし、ドリルなど手術器具の音や衝撃が、患者さんの恐怖心を煽ってしまう場合があります。その感情を取り除けるのが、静脈内鎮静法の特長です。また静脈内鎮静法には健忘効果もありますから、手術が終わってから治療中のイヤな記憶を思い出す…といったことがありません。

局所麻酔と静脈内鎮静法を併用することで、体にも心にもストレスを与えない、快適なインプラント治療が可能になるのです。

歯科恐怖症、嘔吐反射、全身疾患にも有効

静脈内鎮静法は、歯科恐怖症や嘔吐反射のある方にも有効と言われています。また、高齢者や全身疾患(高血圧、心臓病、糖尿病など)をお持ちの方がインプラント手術を受ける場合に、手術の安全度を高めると言われています。以上のような体質や病気には、精神的なストレスが大敵だからです。

手術を恐れるあまり、血圧が急上昇したり脈が乱れたりなど、持病が悪化するようなことがあっては大変です。しかし、心を落ち着かせる静脈内鎮静法を用いることで、そのようなトラブルが起きる可能性を低くできます。静脈内鎮静法は、インプラント手術のストレスやリスクを軽減するために開発された、患者さんに優しい麻酔方法なのです。

さまざまな要素が手術の安全を支えている

歯科医と患者の会話

インプラント手術や静脈内鎮静法を安全に行うためには、麻酔医の存在が欠かせません。実際インプラント手術や静脈内鎮静法を行っている歯科医院には、麻酔医が常勤しているか、常勤でなければ当日に麻酔医を呼んだ上で、インプラント治療を行うことになっています。

ご存知ない方も多いようですが、麻酔医の役目は麻酔を投与するだけではありません。手術中に、血圧や心電図、酸素飽和度のモニターを随時チェックするなど、患者さんの全身管理も行います。このおかげで、患者さんの心身は安定が保たれ、医師も手術に集中することができます。

ストレスを軽減する麻酔方法、麻酔医による徹底した全身管理。これらが、患者さんの身の安全や、インプラント手術の成功率を支えていると言えます。もちろん、治療を行う歯科医院の設備が整っていることや、担当医師が優れた腕をもっていることも、大切な要素の1つです。

広島県廿日市 ナタリーデンタルクリニック
診療時間(受付)
 9:00~12:30
15:00~18:30
14:00~18:00

※診療締切時間の30分前が受付締切時間となります

休診日 火曜・日曜・祝日 ※祝日のある週の火曜は通常診療

住所 広島県廿日市市阿品3丁目1-1 

TEL 0829-20-3363

お問い合わせフォーム
  • 診療案内
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • その他の診察
  • 費用について
医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。