インプラント矯正 – 開咬やガミースマイルにも有効な歯列矯正|広島ナタリーデンタルクリニック

  • 当院へのアクセス
  • 0829-20-3363

インプラント矯正

新しい歯列矯正方法、インプラント矯正のメリット

近年注目されている画期的な歯列矯正方法に、インプラント矯正があります。この矯正方法には、従来の方法より短い装着期間で、歯並びを効率的に整えられるメリットがあります。

また、これまでは抜歯や外科手術の必要性があった厄介な不正咬合が歯列矯正のみで改善を期待できるなど、治療の幅も広がっています。接客業や冠婚葬祭などの事情で早く美しい歯並びになりたい、切る手術をせずに不正咬合を治したい…。インプラント矯正は、そのような患者さんに大きな希望を与える歯列矯正方法と言えるでしょう。

矯正用インプラントを骨に打ち込み固定源を作る

インプラント矯正の例

インプラント矯正の構造は、一見従来のブラケット矯正と同じに見えますが、矯正用インプラントを骨に打ち込みして、ブラケット装置の固定源を作るところが異なっています。

「インプラントを骨に打ち込むなんて痛そう」。こんなイメージがあるかもしれませんが、手術は必ず麻酔をかけた上で行いますから心配しすぎなくて大丈夫です。また手術というと一見大掛かりな感じがしますが、ミニインプラント1本の埋入であれば数分で終わります(手術時間は位置や本数により違ってきます)。

金属アレルギーが気になる方もご安心ください。矯正用インプラントの素材には、人に優しい金属と言われているチタンが用いられています。チタンは、人工関節にも使われている金属です。

ブラケット矯正の約半分!インプラント矯正は速い

骨に打ち込んだ矯正用インプラントは、ブラケットのワイヤーを上下や奥など目的の方向に引っ張る役割を果たします。ワイヤーの力にインプラントの力がプラスされるので、通常より歯に強い力がかかります。

歯に強い力がかかると、歯の移動スピードも速くなります。矯正器具の装着時間も、歯を速く移動させられることに関係しています。インプラント矯正は、自由に取り外しができるヘッドギアなどとは違い、基本的にずっと装着したままですから、歯を速く効率的に移動させることができるのです。

インプラント矯正の矯正期間は、ブラケット矯正の約半分と言われています。ブラケット矯正の期間は2~3年ですから、単純に計算すると1年~1年半で終わることになります。矯正期間は軽症か重症かなど状態に左右されますから、この限りではありませんが、従来より短くなることには違いありません。

厄介な開咬が、抜歯や手術をしなくとも治る!?

歯と歯茎の模型とインプラント矯正

インプラント矯正が開発されたことで、開咬(オープンバイト)の治療が比較的簡単になりました。具体的には、奥歯の抜歯や顎骨を切る手術(骨切り術)を行わなくても、改善できる可能性が高くなったのです。

奥歯を噛み合わせても前歯があいてしまう状態を、開咬と言います。開咬は、不正咬合のなかで特に治療が難しいとされています。大きさ・形・位置など、先天的な顎骨の異常が関係している場合が多いからです。そんな開咬に効果的なインプラント矯正の登場は、抜歯や手術がネックになっていた患者さんにとって朗報と言えるでしょう。

インプラント矯正の方法だと、ガミースマイル(ガミーフェイス)のトラブルも比較的簡単に治すことができます。また、顎変形症の治療にも応用が期待できます。

インプラント矯正は、歯を速く移動させられるので矯正期間が短い、重い不正咬合の改善治療を簡単にするなど、たくさんの長所をもつ歯列矯正方法なのです。

広島県廿日市 ナタリーデンタルクリニック
診療時間(受付)
 9:00~12:30
15:00~18:30
14:00~18:00

※診療締切時間の30分前が受付締切時間となります

休診日 火曜・日曜・祝日 ※祝日のある週の火曜は通常診療

住所 広島県廿日市市阿品3丁目1-1 

TEL 0829-20-3363

お問い合わせフォーム
  • 診療案内
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • その他の診察
  • 費用について
医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。