歯周病・歯槽膿漏について|広島ナタリーデンタルクリニック

  • 当院へのアクセス
  • 0829-20-3363

歯周病

歯周病とは

歯の構造:図

歯周病は、生活習慣病の一つであり、「国民病」「国民の8割が歯周病」などとも言われ、誰もが注意しなければならない病気となっています。歯周病というと、中年者や高齢者に多いというイメージをお持ちの方も多いかと思います。しかし、近年は10代の半数に歯周病の初期症状がみられ30代前後では8割の人が歯周病を発症しているのが実状です。

歯周病は初期の段階では痛くもかゆくもありませんから、歯周病が発症していることに気付かないまま、進行させてしまう人も少なくないのです。歯周病は、進行すると歯の脱落を招く恐ろしい病気です。病気や予防、治療法について知り、早めの対策を心がけることが大切です。

治療について見る

トゥースクリーニングについて見る

歯周病(歯槽膿漏)

プラーク

歯周病(歯槽膿漏)とは歯と歯茎の隙間(歯周溝といいます)にバイ菌が入り込み、知らず知らずのうちに歯槽骨を溶かして歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。歯周病はこれまで、中高年齢層に多く見られると言われておりましたが、実情では30代前後で80%の方が発症しており、初期症状においては10代の若年齢層からでも50%もの方にも見受けられます。また、歯周病は「沈黙の病気」と呼ばれており、発症しても痛みがないため自覚症状のないまま進行していき、気がついたときには取り返しのつかないという事もございます。その症状においてもいくつかの種類がございますので、ご紹介致します。

成人性歯周炎

歯周病の大半がこれに該当し、30代以降に発症します。初期症状として、歯磨きをした時の出血が挙げられます。この段階では、痛みはほとんどありません。進行してくると、歯茎の腫れ・歯のグラつきなどの症状が現れ、最悪は歯の脱落を招いてしまいます。初期の段階では、プラークコントロールで完治も可能ですが、進行するにつれて完治が困難となってしまうため、早めの治療が必要です。予防するためには、正しくブラッシングを行い、歯垢を蓄積させないことが大切です。

早期発症型歯周炎

早期発症型歯周炎は、名前の通り、10~20代で発症する歯周病のことです。症状は成人性歯周炎と変わりありませんが、早期発症型歯周炎の方が進行しやすいという特徴があります。

若年性歯周炎(侵襲性歯周疾患)

10~20代に多く、急速に進行する特徴のある若年性歯周炎は、一般的な歯周病とは原因・治療法が異なり、改善されにくいです。全身症状はなく、歯周炎の症状だけが現れますが、前歯と第一大臼歯(6番/奥歯)にだけ発症するケースもあります。家族内で同様な症状が現れることもあります。進行しやすいため早期治療が必要で、一般的な歯周病治療に加え、薬物療法や外科的治療を行います。

歯周病の原因

歯石

歯周病の原因は、プラーク(歯垢)です。歯周病は歯の脱落を招く恐ろしい病気ですが、誰もが知っている、プラークが歯周病を引き起こすのです。

歯と歯茎の隙間に、プラークや歯石が付着すると、プラークや歯石の中の細菌が、歯肉に炎症を引き起こします。さらに進行すると、歯肉と歯の隙間に細菌が入り込み、歯周組織を破壊しながら奥深くへと進んでいきます。細菌が侵入して作られた歯と歯肉の隙間を「歯周ポケット」と言い、進行するほど歯周ポケットは深くなります

また、歯周病が進行して歯周ポケットが深くなっていくと、細菌は歯を支える歯槽骨をも破壊し、歯をグラグラにしてしまいます。最悪は、歯が抜け落ちてしまいます

歯垢(プラーク)

プラークは、歯の表面や歯と歯の隙間に付着する、ネバネバした白い汚れのことです。プラーク1ミリグラムの中に1億以上の細菌が含まれていて、歯周病だけでなく虫歯の原因にもなります。プラークは、粘着性があるので歯ブラシを当てなければ落とすことができません。うがいではプラークを除去できないため、プラークを蓄積させないためには、ブラッシングが必要です。

歯石

歯石とは、歯に付着したプラークが時間がたって固まったものです。プラークと同様、歯石にもたくさんの細菌が含まれていて、歯周病などの病気の原因になります。プラークはブラッシングで除去することができますが、歯石になると、歯に強くくっついてしまうため、ブラッシングでは除去できません。歯科医院で、専用の器具を使って除去する必要があります。この歯石を除去する施術を、スケーリング(歯石取り)と言います。

歯周病の進行

歯の構造:図

歯周病は進行するにつれ、歯周組織を破壊していきます。歯周組織とは、歯肉・セメント質・歯槽骨などを言い、歯周病は歯肉や歯肉の奥へと進行し、これらの歯を支える組織を壊していくのです。歯周病の原因となる細菌は、嫌気性(酸素を嫌う性質)の細菌なので、酸素が少ない歯周ポケットは、細菌が増殖する絶好の場となってしまいます。歯周ポケットが深くなると、歯ブラシは届きませんから、細菌はどんどん増え、奥深くと進行していってしまうのです。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

歯周ポケットの深さ
4~5mm
症状
プラークや歯石が蓄積して炎症が強くなってくる。歯槽骨が吸収され始める。
治療の必要性
歯科医院で検査を受ける必要がある。

中度歯周炎

中度歯周炎

歯周ポケットの深さ
5~7mm
症状
歯肉の炎症が強くなってきます。歯がグラつき始める(指で押すと動く)食事がしにくくなる。歯槽骨の吸収が進む
治療の必要性
早期の治療が不可欠。

重度歯周炎

重度歯周炎

歯周ポケットの深さ
7mm以上
症状
歯肉の炎症がひどくなり、歯肉の色が赤黒くなってくる。食事ができないほど、歯のグラつきが大きくなる。歯槽骨が50%以上吸収されている可能性が高い
治療の必要性
至急歯科医院での治療が必要。

歯周病を進行させる要因となるもの

歯周病を進行させる因子として、以下のものが挙げられます。

  1. 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
  2. 不適切な銀歯、入れ歯
  3. 食習慣
  4. 喫煙
  5. ストレス
  6. 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
  7. 薬の長期服用

歯周病によって起こる知覚過敏

知覚過敏とは、歯の磨き方(ブラッシングの力の入れすぎ)などにより、歯の表面のエナメル質が剥がれると、象牙質が露出して、冷たいものを摂取した時や歯磨きをした時に、歯がしみる(痛くなる)といった症状が起こります。

この知覚過敏は、進行した歯周病でも起こる症状であり、歯肉が痩せて歯根が露出した時に生じる場合もあります。

プラークコントロール

プラークコントロールとは、プラークをつきにくくしたり、除去したりして、口の中のプラークを減らすことを言います。プラークは歯周病・虫歯などの病気の原因になるだけでなく、口臭の原因にもなるため、プラークコントロールは口の中の健康維持において欠かせないものです。

反対に、プラークコントロールがしっかりできていれば、歯周病などの病気を予防でき、痛い思いをすることもありませんし、治療を受ける必要もありません

歯周病を防ぐ歯磨きのポイント

歯磨きをしてスッキリした感じがしていても、プラークが残っている可能性があります。自己流の歯磨きでは、十分にプラークを除去できていない場合が多いです。「昔歯磨き指導を受けたことがある」という人も、いつのまにか、磨き方にクセがついていたり、利き手側が良く磨けなくなっている場合もあります。改めて、ブラッシングの方法を見直してみることをお勧めします。

正しいブラッシング方法

ここでは正しいブラッシング法をいくつか紹介します。

【歯と歯茎の境目を磨く方法】

正しいブラッシング:図1

毛先が歯と歯肉の隙間に、45度で当たるように磨きますブラシは、力を入れすぎず、細かく動かして磨きましょう。

【歯は1本ずつ磨きます】

正しいブラッシング:図2

奥歯(臼歯)から順に、1本ずつ磨いていきます。1本につき、20回程度歯ブラシを細かく動かしましょう。

【歯を磨く時の力加減】

正しいブラッシング:図3

力を入れて、毛先を歯に押し付けるのではなく、毛先が拡がらない程度の力加減でブラシを動かしましょう。力を入れて磨けば、しっかり汚れが落とせるわけではありません。力の入れすぎは、歯肉や歯の表面を傷つけてしまいます。

歯周病の治療について

歯周病を予防するにも、歯周病の進行を防ぐにも、プラークコントロールが基本です。歯科医院では、患者さんご自身で落とし切れないプラークや歯石を、徹底的に除去することで、歯周病の進行を防ぎ、歯肉の炎症などの症状を改善していきます。

歯周病が発症していない人でも、やはり落とし切れていない汚れが蓄積しているものです。スケーリングは、歯周病でない人も定期的に受けることをお勧めします。

スケーリング(歯石取り)

スケーリング(歯石取り)

スケーリング
スケーラーという専用の器具を使って、歯に付着した歯石を除去する施術です。手で歯石を除去するスケーラーや、超音波で歯石を除去できる超音波スケーラーなど、スケーラーの種類は多数あります。歯周病の進行度や歯石の付着状況などを考慮して、患者様に適した方法で歯石取りを行っていきます。歯石は自分で除去できませんから、歯周病の人もそうでない人も、定期的に施術を受けることをおすすめします。

ルートプレーニング

ルートプレーニング
スケーリングの後に行われることが多い施術で、細菌に感染した歯根の表面や歯根に付着した歯石を除去する施術です。歯周ポケットの深さが深くなると、スケーリングだけでは歯石や汚れを除去しきれないのです。

歯磨きの方法や生活習慣の指導

スケーリング・ルートプレーニングの施術から1ヵ月くらい経過しましたら、検診のため受診していただきます。再度、歯茎の状態や歯の汚れのつき方などをチェックし、必要に応じて歯磨き指導や生活習慣の指導などを行っていきます。

トゥースクリーニング

トゥースクリーニングの内容

進行すると抜歯が必要になる場合もあります

歯周病が進行して歯が抜け落ちてしまうこともありますが、他の歯に悪影響を及ぼす可能性がある場合には、抜歯することもあります。

歯周病で抜歯を行った場合には、残った歯の歯周病治療を行い、欠損歯治療を行います。欠損歯治療には、ブリッジ・入れ歯・インプラントがありますが、いずれにしても他の歯の歯周病治療をしっかり行ってからでなければいけません。

近年は、抜歯後の治療法としてインプラントを選択する患者様が増えていますが、歯周病の状態ではインプラント治療はできませんので、しっかりと歯周病治療を行うことが必要です。

歯周病治療にかかる費用(保険診療の場合)

歯周病の進行度合いによって違いますが、3ヶ月半~半年に一度専門的なクリーニングが必要になります。保険診療でのメンテナンス費用は、初診料・検査費用を含めて約3,500円(3割負担の場合)です。歯周病は進行すればするほど、負担の大きな治療が必要になりますし、それだけ費用もかかってしまいます。発症・進行を防ぐため、定期的な検診やクリーニングをお勧めします。

広島県廿日市 ナタリーデンタルクリニック
診療時間(受付)
 9:00~12:30
15:00~18:30
14:00~18:00

※診療締切時間の30分前が受付締切時間となります

休診日 火曜・日曜・祝日 ※祝日のある週の火曜は通常診療

住所 広島県廿日市市阿品3丁目1-1 

TEL 0829-20-3363

お問い合わせフォーム
  • 診療案内
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • その他の診察
  • 費用について
医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。