予防歯科の主な治療と健康効果 | 広島ナタリーデンタルクリニック

  • 当院へのアクセス
  • 0829-20-3363

予防歯科の主な治療と健康効果 | 広島ナタリーデンタルクリニック

口の中の健康だけでなく全身の健康・QOL向上に予防歯科が必要です

予防歯科とは、虫歯や歯周病などの病気を防ぐ診療のことを言います。近年、当院にも予防を目的に受診する人が増えています。「虫歯や歯周病になってから治療したのでは遅い」「予防のために受診が必要」という認識が高まってきていると言えるでしょう。

「虫歯が痛いから、どうにかして欲しい」と受診するのではなく、そうならないために歯科を受診し、効果的に予防することが必要なのです。 痛みや噛みにくい、といった症状が出なければ、口の中の健康を意識しない人も少なくありません。普段から口の中の健康にもっと関心を持って、病気の予防に努めることが大切でしょう。

予防歯科の治療とは?

「予防のための治療」と言っても、痛い治療を行う必要はありません。「病気でもないのに、痛い治療をするのは嫌だ」と思う人も多いですが、予防歯科では病気の原因を取除くための施術を行うため、痛い治療を行うことはありません。
たとえ虫歯や歯周病などの病気があった場合でも、それを放置して進行させることを考えれば、初期段階での治療が可能になるのですから、治療にかかる負担は大幅に軽減できると言えるでしょう。

虫歯・歯周病の原因「プラーク」をプロの手で徹底除去!

虫歯や歯周病の原因となるのは、プラーク(歯垢)の中に住んでいる細菌です。プラークは誰にでもできるものですが、1mgで1億もの細菌を含むとされ、病気や口臭などさまざまなトラブルを引き起こす原因となります。

プラークは日々のブラッシングで除去することは可能ですが、どうしても磨き残しが出てしまいます。ブラッシングだけでは全ての汚れを除去するのは困難であり、取り残しができてしまうのです。
その磨き残しによって病気が発生しないように、プロの手で徹底的にクリーニング(PMTC)を行います。

病気の原因を明確にすることで効果的な予防が可能に!

虫歯や歯周病の原因はプラーク内の細菌ですが、その細菌への感染リスクはその人によって異なります。虫歯になりやすい人と虫歯になりにくい人がいますが、これは歯の質だけでなく、唾液の量や口の中に存在する細菌の数など、さまざまな感染リスクが大きく影響しているのです。
唾液検査など、口の中をより詳しく調べることによって、その人に合った効果的なメンテナンスが可能になります。

日本人の予防歯科に対する意識

日本人の予防歯科に対する意識は高まっているのですが、まだ十分とは言えないでしょう。未だ「年をとったら入れ歯になっても仕方ない」と認識している人も少なくないようです。

80歳まで20本の歯を残そうという「8020運動」が、1989年から厚生労働省と日本歯科医師会が推進していますが、80歳まで20本の歯を残すためには、セルフケアだけでは十分とは言えず、定期的な健診と歯科医院での予防ケアが必要なのです。

大人の9割が虫歯の経験がある

平成17年度 歯科疾患実態調査によれば、成人の9割が虫歯になった経験があるとされています。実際に、「虫歯になったことがある」ということは珍しいことではなく、「大人になっても虫歯になったことがない」という人の方が珍しいと多くの人が思うでしょう。

虫歯は、歯周病と並んで歯を失う2大原因の一つであり、将来に多くの歯を残していくためには、効果的な虫歯予防が必要になります。
しかし、虫歯は再発リスクが高く、虫歯になったことのある人は、さらに十分な予防が必要になります。虫歯が進行して根の治療を施した歯・神経をとった歯は、大きなダメージを受けていますし、失うリスクが高い状態です。また、小さな虫歯であっても治療済の歯は、神経に達するような虫歯を発症するリスクが高い状態だと言えるでしょう。
虫歯になってからでは、歯を失うリスクが高くなってしまいますから、虫歯にならないための予防を行うことが大切になるのです。

「虫歯は子供の方が多い」と認識している人も少なくありませんが、大人も虫歯になりますし、子供の頃に虫歯になった本数が多いほど、将来再発するリスクが高いため、効果的予防が必要になります。

全身の健康のために歯周病予防が必要

歯周病は日本人の8割が罹患しているとも言われていますが、近年は低年齢化が指摘されています。子供の4割に軽度の歯周病(歯肉炎)症状がみられたという報告もあり、今や歯周病は大人も子供も注意しなければならない病気となっています。

歯周病の恐ろしさは、歯を失う原因となることだけではありません。歯周病は、次のような全身疾患とも関連しているのです。

歯周病と関連する主な全身疾患

  • 動脈硬化
  • 認知症
  • 糖尿病
  • 誤嚥性肺炎

歯周病と糖尿病の関係

歯周病は糖尿病と深く関係していて、糖尿病の合併症の一つでもあります。糖尿病の人は歯周病になりやすく、歯周病が糖尿病にも悪影響を及ぼすことがわかっています。 歯周病と糖尿病は相互に影響するため、歯周病と糖尿病のいずれも改善しなければ、どちらの症状も悪化させてしまうのです。

全身の健康とQOLの向上に予防歯科が大切です

「痛い治療をしたくない」と病気を放置してしまうと、病気の進行を招き、さらに負担のかかる治療が必要になってしまいます。進行した虫歯や歯周病は、自然に改善することはないのです。
虫歯も歯周病も初期の段階では気付きにくく、自覚できる症状が現れる頃には、すでに進行してしまっている可能性が高いでしょう。

口の中の健康は全身の健康、そしてQOL(生活の質)に大きく影響しています。噛むということは、肥満や脳の働きにも影響していますし、歯を失うことは社会性にも大きく影響しますから、心の健康にも悪影響を及ぼしかねません。
早い段階からの歯を守っていくための取り組みが必要であり、予防歯科が大変重要となってくるのです。

広島県廿日市 ナタリーデンタルクリニック
診療時間(受付)
 9:00~12:30
15:00~18:30
14:00~18:00

※診療締切時間の30分前が受付締切時間となります

休診日 火曜・日曜・祝日 ※祝日のある週の火曜は通常診療

住所 広島県廿日市市阿品3丁目1-1 

TEL 0829-20-3363

お問い合わせフォーム
  • 診療案内
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • その他の診察
  • 費用について
医学書 オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニングの執筆協力をしました。